こんにちは subscriberさん
ダッシュ隊会員通信。令和5年6月号。
◆ダッシュ隊の予定 
5月、総会報告と各種養成
7月【実地学習会】
【実地の学習会を行います】日程:7月15日、16日(予備日17日)
場所:かつらぎ町対象:かつらぎ町社協が募集する有志およびダッシュ隊メンバーなどかつらぎ町で被害に遭われたお宅で、床上浸水の被害があり、保留だった案件があります。
現在、住民さんは避難されていて、住民さんからボランティアセンターに相談があり、家主さんからも復旧に向けての要請がありました。
今から改めての対応なので、初動の見極めと対応の講習を兼ねられると思うので、参加希望の方は表明をお願いします。(何日に参加希望かをお書き添えください)目に見えて土砂が流入した箇所と家財の撤去作業はすでに終えてありますが、見えない床下は未確認です。
しかし、床が既に劣化している箇所もあり、対応が必要と思われます。 
◆床や壁の内部を確認してほしい 
◆床下の土砂は撤去してほしい 
◆カビが発生している建材を撤去して欲しい壁と床は全面的に合板です。畳はありません。床の高さが各部屋で異なるため、浸水ラインも異なります。床や壁の開口、建材や土砂の撤去とブラッシング、消毒までの手順を確認できる機会なので、ご興味のある方はぜひともよろしくお願いします。

本件の開催にあたり、かつらぎ社協の山本センター長から、地元住民や社協メンバーの理解を深めるために社協としても学習の機会を設けたいとのご意向を頂戴しています。また、依頼者さんの承諾も頂戴しております。進行は黒野が務めます。

▼▼▼参加コメントはFacebookダッシュ隊会員通信まで!!▼▼▼
緊急支援要請(災害派遣)

台風2号による大雨被害対応
以下に有るようにかつらぎ町は県内外を問わず募集開始です。また、OJの助さんとB-Dash剛さんに和歌山県社協から支援要請が入ったとの事です。
皆さん、応援出動の準備をお願いします。

尚、現在進行中の吹田社協案件は昨日の作業にておおよその目途が立ちましたので今後の方針を明日にでも調整します。また、中嶋は個人的に友人が居住するかつらぎ町に水曜日を目途に訪問予定です。

【かつらぎ町社協】《6/5(月)災害VC開設》かつらぎ町社協では、被災された方々の生活を早期に再建できるよう、6月5日(月)から災害ボランティアセンターを設置し、同日より災害ボランティアを募集します。(※現時点では町内外、県内外を問いません。)

支援内容は、泥かきや畳上げ、家財の移動などの作業が見込まれます。
◆活動日・活動時間(随時受付)令和5年6月5日(月)~当面の間9:00~17:00
◆集合場所「かつらぎ町地域福祉センター」(伊都郡かつらぎ町丁ノ町2338-2)
◆お問い合わせ「かつらぎ町社会福祉協議会」0736-22-4311
みなさんのご協力をお願いします。
◆ご連絡


 本日付けにて日本財団さまの令和5年台風2号復旧に対する災害支援の助成金申請が許諾されました。つきましては、皆さんのかつらぎ町への車移動のガソリン代を出来る限り精算させていただきたいと存じます。

 7月にかつらぎ町へ支援いただけるさいに領収書を中嶋までお渡しください。
 尚、お会いできない場合には中嶋まで写メで領収書と振込口座をお知らせください。
 但し申し訳ございませんが振込の際には振込手数料を差し引いての振込となる事をお許しください。交通費のガソリン代分と消耗品購入費しか申請していませんのでダッシュ隊からの持ち出しは発生いたします事をご了承ください。
◆ご連絡


 日程調整ツールの調整さん(外部リンク)を使って、かつらぎ町の参加表をとりあえず7月の参加表明表を作ってみました。こちらを活用すれば誰でも確認出来ますので、活動に参加される方はご入力をお願いします。トッピーさんに了承済みですので宜しくお願いします。平野 利幸。


一般社団法人 災害復旧支援 ダッシュ隊
facebook twitter 
発行番号 第5号 購読者総数 23 名
購読の中止をしたいときはこちらをクリック > 購読中止 | 購読を管理する
Email Marketing Powered by MailPoet