ダッシュ隊大阪

福岡県・大分県 水害後方支援

上桂川Pにて、かわせみ中部の皆さんに床下作業用の機材をお渡ししました。
たいした機材ではありませんが、有ると便利、なければ困る物です。 道具だけでもお役にたてれば幸いです。

長旅になりますが、安全運転で行ってらっしゃい! 現地労務の負担を軽減してあげるためにも、復旧用の資材や、生活支援用品はできるだけ箱ごとに分けて内容物を箱の外側に明記して、各募集先へ送達してあげてください。「地域によって必要とされる資材が変化していきます」各VCページで「ニーズ内容を確認」して、効率よく回るようにしてあげてください。よろしくお願いします。

◆ 清掃や養生用のタオル類について
 ※ バスタオルは可能な範囲で4分割程度に裁斷して梱包してください。
 ※ 新品は吸収力が逆に低いのでご注意ください(一度洗濯しきちんと乾かす、保管の際は防虫剤を入れるなどの配慮を)。
 ※ 用意したタオル・裁断したバスタオルをポリ袋(45ℓ)に50~100枚単位できれいに詰めて、それをダンボールに梱包(用途で可能な限り箱を分けておくと受け入れ側も助かると思います。)箱の上と側面に「送り主のグループ名」を太マジックで明記(写真を参考に^^)。
 FBメッセージで送る住所に所定日までに必着で発送。
 ※ 今回の目標総数は5000枚程度。(達成したので今回は終了)
 ※ 元払い(発送者支払い)でお願いします

◆ 他・準備状況
充電池で動く機材は全て充電しておきます。 大型蓄電池は12時間は掛かりそうです。 ガソリン携行缶のパッキンは念のために交換しておきます。
福岡へ多くの仲間が準備しているようです。 ただ、今夜以降の状況では西日本にも被害が出ないとも限らないのでは・・・ 豪雨による支援機材の整備しておきます。 熊本県から福岡県への高速代無料申請の案内が出ています。 今後、各都道府県からも発表があるでしょう。

◆ 熱中症対策も万全に。
夏の屋外ボランティア・熱中症に注意!! 夏場の屋外ボランティア活動は熱中症との闘いでもあります。 災害後の支援活動の場でも、熱中症が報告されています。
支援活動に参加される皆さんは、遠方からの移動で、睡眠不足や疲れを背負ったままで重労働を行われるケースもあります。1年で一番暑い時期になりますので、熱中症には特に注意して活動を行ってください。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

2017.07.15更新